http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20170204/1486389637

差別を糾弾する法華狼が、
御都合主義的に差別主義的な希望的観測を展開していた
ばくぜんと「蔑称を格好良いと感じて使用する者がいる」
とだけ書かれても国籍を言い訳にしたことの説得力がまったくないし、
それが事実だとして「蔑称に耐性の無い存在」を
考慮しなかったのは差別糾弾者としてどうなのか。
蔑称に破滅させられた存在に対する仕打ちを省みず、
差別糾弾者として振舞い続ける法華狼だが、
自身を恥知らずとみなさずにいられるようだ。
誰かが蔑称を格好良いと感じたからと、
ただ日本人というだけで同じように蔑称を啼き喚き散らして良いらしい。
自身に対する批判を無関係なスパム扱いするような人間が、
自己を投影するように蔑称を利用し続けているのだ
2017/02/07(火) 00:18 法華狼 記事URL COM(0) TB(0)

コメントフォーム

以下のフォームからコメントを投稿してください

この記事へのトラックバック

トラックバックURL